本文へスキップ

株式会社プロテクションはガラスフィルム卸・施工工事を専門とし環境に優しい新しい商品の提案販売・環境に配慮貢献する会社です。

TEL. 0743-79-0182 FAX.0743-79-0208

〒630-0111奈良県生駒市鹿ノ台北3丁目18-5

防犯フィルムsecurity

ガラス用防犯フィルムを貼って侵入を防ぐ

          侵入の7割はガラスを割っての侵入です。
        

生ガラスは写真のように簡単に破られてしまいます。この実例は、三角り、クレセントに脇に鋭利なものを差し込んで
ほんの数秒、わずかな音(缶コーヒーのリップルを開ける プシュ!)で楽々やってます。

一戸建て・マンション・会社 どの建物もガラス窓はあります。そしてそこがターゲットになります。
手口は大まかに3つ 三角破り、打ち破り、焼き破りに別けられます。

留守中の出来事ですが、対面したらと思うと、、、、家族に被害が及ぶことがもっと恐い。
賊は良心のかけらも無い。被害に遭ってからでは遅いのです。


   ガラスフィルムを貼ると侵入するのに時間がかかります。
侵入手口  窓ガラス割って侵入手口

【侵入の手口はガラス破り】
警視庁の調査では、住宅への侵入手口のトップは
窓の「ガラス破り」で、その割合は何と約3分の2にもなります。

侵入犯は、5分以内に侵入できなければ7割が諦め、10分で侵入できない場合には
9割以上が諦めるといわれています。つまり、10分以内に侵入できないような窓であれば、
ほとんどの窃盗犯は防げるということになります。

警視庁調べ 侵入の手口割合表
警視庁調べ 侵入場所割合表
 防犯フィルム効果
飛散防止イメージ ガラスフィルムUVカット99%イメージ図フィルム水貼りイメージ
■防犯効果

生ガラスは簡単に破られてしまいます.。フィルム施工後は、防犯フィルムが衝撃から保護して、ガラスが割れても、貫通まで難しく、侵入を阻止します
■ガラス飛散防止
ガラス破片による日常の怪我防止、地震・台風などの災害時などの衝撃によるガラス破片落下防止して避難経路の確保
■紫外線防止効果
紫外線を98%もカットして、人体への影響を防止し室内にある家具調度品・店舗なら陳列商品などの品質劣化防止

  CP認定マーク CP 認定防犯フィルム
         警察庁公示の防犯建築部品目録掲載製品 
CP認定防犯フィルム
■365ミクロン
■内貼り用

フィルムの構造  
    CP認定フィルム 構図
フィルムの特性    
    CP365  GS350M    GS200M
  GS100M
  GS50M
 用途   強防犯   強防犯   準防犯  強飛散防止   飛散防止
 フィルム厚さ   365μ   342μ   230μ   118μ    68μ
 可視光線透過率   87.6  85  86  89  89
 紫外線カット率  >98.7  >99  >99  >99  >99
 ロールサイズ
各 30M巻き
 1524mm  1524mm
 920mm
 1524mm
 920mm
 1524mm  1524mm
 920mm
※数値は基準値であり保証値では有りません。予告無く変更する場合があります。


準防犯フィルム
safety

□透明200μ
□遮熱コンビタイプSLAシリーズ・準防犯+遮熱カラーは2種 SL20A/SL50A   詳しくはこちら